スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~たった1人の人に出会って~

後ろは振り向かなかった。そのまま家へと帰る中で、油断すれば大泣きしてしまうところだった。
何に対して自分が泣くのかも分からない。
もう彼に対して流す涙はないはずだ。
強くいなきゃ、強くいなきゃ。
苦しくて苦しくて、でも寝ればやはり夢だったようにも思えた。
それだけ2人の距離は遠いものになっている証拠だった。
どんなに頑張っても、信じていても、戻れないものなんだと。
あたしの全ては彼だったとしても。

運命とはそう言うものなんでしょう。
あたし達がめぐり合った事も運命、離れる事もまた運命。

この世に生を受けている全てのものに運命はあって、それは交じり合い複雑に絡み合っている。
それは誰かが決めるわけでもなく、自分が決めるときもあって、でも誰かに操られていたのかもと思う時もあったり。


あたしは彼に出会えて本当に幸せだった。
彼と過ごし、彼に愛されて、このままずっと居られたらと強く願った。
彼がいれば自分の人生がもっと楽しいだろうと感じたし、彼にとって自分もそうありたいと感じた。
でも自分が彼に相応しい女であるのか疑問に思った。
彼に愛される自分でいられる自信が揺らいでしまった。
彼に嫌われるのが、振られるのが怖かった。
突然彼を失う恐怖を思うと、傷が深くならないうちにはなれていたくなった。
彼がいない景色は、全てが灰色のようだった。
朝が来るのが怖かった。現実を受け止める事が出来なかった。
自分の思いは時が解決するはずがないと強く思った。
そしてその思いは彼に対しても同じだった。
彼が作品に対して一生懸命である姿を望み応援していたかった。
いつでも彼の事を一番思っているのは自分だと思っていた。
彼を思うことで自分を殺してしまっていた。
分かっていてもその鎖を解く事ができないでいた。
何度も鎖を外すチャンスはあったが、ずっと逃げていた。
いや、その時が来るのを待っていたのかもしれない。
やはり”時”が解決した事になるのだろう。
無駄な事は何もないから。

たった一人の人に会えた自分は幸せか?
その一人によっていろんな経験や時を過ごし、より一層自分の人生の色が濃くなった。


たった一人の人に出会えてこんな経験が出来たあたしは、確かに幸せなんだ!!本当に心からそう感じる。


お互いの進むべき道へ。

道


~ 終わり ~

スポンサーサイト

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

長旅の始まり。

2人で一緒に帰れることになり、天気もよくて景色も綺麗で心がウキウキした。
心配なのは帰りの渋滞。かなり混む事は予想されるし、もし運転疲れたらあたしがかわろう!

そんな思いをめぐらしながら、そういえば会話をしてない事に気がついた。と言うか、向こうから話しかけてほしかったから気づきたくなかった。それでも彼が話してこないので、ついに思い切って話しかけることにした。
最初の会話なので大事な一言だ。
話したいことや聞きたいことがありすぎて何を話せば良いか分からないが、様子見で当たり障りのない話にしてみよう。

「ねぇねぇ、あの橋は色が違うけど、場所によって違うのかな?」

「さあね。」

やはり色違いの橋を発見!

「あっ、やっぱりあの橋も色が違うよ!」

「ふーん。」

その後も途切れ途切れの会話続き・・・

「~だよね」

「・・・。」

「?」

(おーい、そんな喋ってばかりなわけじゃないのに無視ですか?)

「・・・。」

「ってかさ、何なの?怒ってんの?何で話さないの?」

「別に怒ってないよ。話せば良いじゃん」

カチーン。
話せば良いじゃんで続く会話があるかよ!分かったよ、そーゆう感じなんだ、これから先長いのにこんな空気辛くて無理。そんなに嫌なら何で一緒に乗せたんだ。まわりの目があるから?これは無いだろう?もういいよ、降ろしてくれて良いよ。まだ出たばかりだし。
背中からゾクゾクと毛が生えるかのような怒りのオーラが押し寄せたが、せっかくの時間を生かすも潰すも自分次第。とにかくここは会話のバトルの始まりなのだと、頭脳行動プレーで相手と向き合わなければいけない事を確信した。

テーマ : (  Д ) ゜ ゜ポーン - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。