スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光と影の世界 ~星の王子様~

どうすればいいんだろう・・・。わからない。

「すごいね、こーゆう場所で個展だなんて。ここの全てが作品のようじゃん!」

「ははは、ありがとう。知り合いがここを貸してくれたんだよね。」

「体調は大丈夫なの?腰痛いんでしょ?」

「うーん。もう職業病だからね。でも、今回は本当に辛くてこの個展にも間に合わないかと思ったくらいなんだ。だからこれも半年でつくったんだ。」

「半年?!・・・すごいね。お疲れ様だよ」

苦しくて嬉しくて今にもあふれ出してしまいそうな思いに、なんとか冷静さを保とうとするんだけれど・・・
彼の瞳に自分が映っていると思うと幸せだなぁと感じてしまった。
今だけであったとしても、彼はあたしをみている。ずっとずっと信じていた。
心の底から彼とまた会える事、そして一緒にいられる日が来る事を。


彼はあたしと話してどう思っていたんだろう・・・。


なかなかお互いが深い話もせず、切り出すタイミングもとれないまま時間は刻々と過ぎていった。
もう閉館15分前になり、ふっと入り口のところを見ると男の人が2人で入ってきた。

「あー、S君!来てくれたんだぁ」
・・・もう、言えないよ。うん、会えて作品も見れたんだし十分だよね。

その人の名前を聞いたときも自分の中で衝撃的だったけど、あたしも軽く頭をさげた。
「じゃあ、そろそろ行くね。」

「外まで送るよ!」

「いいよ!お友達来てるじゃん。気にしないでいいよ、じゃあね」

「ん、いいよ!外まで送る。」

彼の友達の横を通り軽く微笑んで、また暗い外の世界に足を踏み出し画廊を振り返った。

「じゃあね。頑張ってね!」そう言ってあたしは歩き出した。かっこいい女で終わりたかったんだ。

「来てくれて本当にありがとう。」光の中の彼が言った。


笑顔でさよならしたのに、歩いて3秒もしないうちに涙が溢れて
あぁ、どうしよう・・どうしよう・・息が出来ない・・苦しい・・・。
スポンサーサイト

多重人格。

数秒の沈黙の間にお互いにいろんな事を考えていたんじゃないかな。
少なくともあたしはあの時間でかなり頭を使ったよ。

どっちからどんな話するの?
ねぇ、今何考えている?
せっかくの彼の個展で迷惑掛けるのは嫌だしな。
でも、ここまで来てもう二度と会わないかもしれないんだよ。
迷惑とか考えてる場合じゃないじゃん、いっちゃえ!
でも、彼の事を思うと自分の気持ちを話さないほうがいいのかな?

いろいろ1人で考えていて、先に彼が口を開いた。

始まった。


「発表会はどうだった?」 
・・・発表会はきていないってことね。

「すっごい良かったよ!頑張ったし、みんな喜んでくれて嬉しかった!!ほら、写真みてよ」 
・・・来なくて損したって思わせたい。

「そっか、ちょうど予定があってさ。」 
・・・嘘つき!そんな大した用じゃないんだろうに。来る勇気がなかっただけだろ。

「そうなんだー、来なくて損したよ!だって本当に感動したもん。生ライブだからね!」 
・・・ばかーー!!

「そうそう今日ね、銀閣寺とか観光してきたけどさ。紅葉がすっごいきれいだったよ!こうやって作品も見られて嬉しいよ。京都に来て良かった♪」 
・・・この時間をずっと待っていたんだよ。会いたかったの。


そんなやり取りをしていた。ずっとずっと待ち望んでいた瞬間だったのと同時に、もう今を逃したら二度と会えないのかもと思うと普通にはしていられなかった。でも彼にはすぐにバレてしまうから上手くごまかさなきゃ。


あたしはやっぱりあなたのその空気が好き。
一緒にいると自然体でいられて心の底から安心するんだよ。 
長い間離れていたのが夢のようで、他の誰にも感じられないこの感じ。


ずっと一緒にいたい・・そうするには今!運命を変えられるチャンスは今しかない。
どちらかが突破口を・・と思うとあたしが行かなきゃか。
でも追いかけると逃げる。 よっぽどの何かがなければ彼の心は動かないのも分かっていた。

さて、どうする。


テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

ずっと会いたかった。あなたは?

「えっ!何で?!なんでここにいるの?!えぇ


突然の再会に”くまさん。”はビックリしていた。でも彼の顔を見て少し安心したbear
あたしが来て嫌な顔を一瞬でもしたら苦しくて話せなかったし居られなかったと思う。
そしてどうして隣に住んでいる子が、彼の個展に来ているのかも頭がパニックで

「何で?何でいるの?jumee☆whyL

2人で「何で?」を言い合っていたので、彼が先に答えてくれた。

「俺が話していた人が地元の友達で、一緒にいたのは同じ職場の子らしいよ。すごいね、こんな偶然もあるんだね。・・って何でここにいるの?よく分かったじゃん!」


「本当にすごいよね!kao03ん?何でって秋に京都で個展やるって言ってたじゃん。調べたらあったから来たんだよ。作品も見たかったし京都も行きたかったしね。見ていい?」


「どうぞ、入って」

中に入ってくと益々田舎のようなつくりや雰囲気を感じられ、その中で彼の作品が目立つわけでもなく自然に溶け込んでいるようだった。

前の作風とはまた少し違っていて面白かったが、あたしは前の方が好き。
もしお金があったら彼の前の作品を全部買いたいくらい好き。
今回の作品はこの京都とこの画廊にすごくあっていて、全てが一つの作品のようだった。なんてあたしの好みなって関係ないか。

これが離れてからの彼の道なんだなぁって思うとすごいなぁって改めて感じた。
彼は自分の進むべき道へまた戻ったわけで、あたしと一緒にいた時は少し道を外していたんだろうな。だから苦しんでいたんだろうし離れることを決めて正解だったんだろうな・・。

そして彼の今までの作品やこれから予定している作品のファイルがあって見たときに涙がこぼれてしまいそうだった。
そこにはイタリアの作品も載っていて、あたしがその作品を見に足を運んだが
探しても探しても見つからなかったものだった。

→http://lily212.blog116.fc2.com/blog-entry-93.html

見た瞬間にどこだったのかハッキリ分かった。
ちょうど学生の集団がその作品のある広場に群がっていて隠れていたんだよ。

”あそこにあったんだぁ、なんで気づけなかったんだろう。自分の目で見たかったのに・・。”

そう思ったら気持ちがブワァ~っとあふれ出しそうだった。
でも後ろには彼がいるし泣いている場合じゃない。困らせる為にここに来たんじゃない。作品をみにきたんじゃん!駄目だよ、ちゃんとしなきゃ頑張らなきゃ。
危なく零れ落ちそうな涙を落ち着かせ、振り向いたら彼がちょうどお茶を入れてくれていた。丸太で作ったようなイスに座りお茶を頂いた。


画廊にはあたし達だけしかいなくて、それもドラマの1シーンのようだった。


彼が入れてくれたお茶なんて久しぶりだなぁ・・・。あったかい。


そして2人で静かに一点を見つめた・・・。

ぱにパニぱにっく。

外の暗さから思い切って足を踏み入れた世界は、白と黒を基調とした日本らしい暖かな雰囲気のある場所だった。
こーゆ場所で個展とかやるなんてなかなかオシャレでもあり難しいだろうなぁ・・。

しかし、一瞬チラッと中を見たものの入り口のところで一息 sn
もう閉館30分前になろうとしていたから人の姿もあまりなくて。緊張して焦って顔は見なかったが唯一そこにいた人にペコッっと挨拶をした。
とてつもない緊張感ですんなり中に入ることは出来ず、1人でいろんな気持ちと戦いながらまずは来客者用の記帳をしていた時

また自分の引きの強さを実感する事が起こった。

「あぁ、やっぱり地元の友達とかみんなが個展を観に京都に来てくれてるんだなぁ☆本当に嬉しいね・・・ってっんんんん?!!!!


住所が限りなくあたしの家に近いのよ。ってか、最後の番地が違うだけ。
名前を見たらすぐ分かった。何故か一つ年下の隣の子が個展に来ていたの。


何?なんで?何でここにいるの?

あたしの前だから、ここに来て間もないんだろうなびっくり完全にパニックになってあわあわとしていた時に声がした。
最初に外に出た人はさっき挨拶した人(=お隣さん)でその後すぐ誰かと話しながら出てきた女の人。


「ありがとうね~」


その二人を見送りに出入り口に来たのは・・
ずっと願って願って会いたくて会いたくて会いに来た相手”くまさん。”との再会の瞬間だった。

完全なる油断。


うわぁぁっ!

その瞬間、後ろを向いて電柱まで戻ってしまった。同じようにヨチも後ろを振り向いて隠れていた。

おいおい、不意すぎるんだよ!なんだよ。びっくりするなぁ。


開けた通りから一変して曲がると暗い細道になる個展の会場は、京都らしいつくりの素敵な一軒家だった。
画廊の中から漏れる光しかなく、そこから現れた彼は夜空を見上げていた。
たぶん、雨が降ってないかなぁって確認だったのかな?
あたし達がいたところは暗かったから向こうからは見えなかっただろうけど、あたしはこれから行きますって歩き出した瞬間だったから本当に腰が抜けるかと思ったよ。
でもね、あの一瞬さえも一つの場面であったのだろう。
もう1年半以上彼に会っていなかったから、変わらない彼の姿を見て心が揺れた。


離れると決めてから2年が経ったお互いの今を感じながら、あたしは何のためにどんな思いでここにいるのかを。


彼が中へ入っていく姿を見て、あたしも心を決めて歩き出した。


「あたし、頑張るから。待ってて」

後ろを振り向きヨチとクボに手を振って、あたしは光の中へ足を踏み入れていった。

運命の輪よ、もう一度・・。

二泊三日の旅行だった。
新幹線に乗って京都へ向かう途中、車内販売のドリンクがサービスだったのでクボは早速缶ビールを飲んでいた。あたしとヨチは朝からは無理!とコーヒーを飲んでいたが、3人でいると時間は高校生のままだから3人のテンションは完全に酔っ払いのようだった。


秋の京都は色づく景色をみようと国内だけでなく、世界中から人が集まっていた。
ほどよい緊張感を持ちながら、ホテルに荷物を預けて市内観光を始めた。
バスでまずは銀閣寺へ。三人でキャッキャとはしゃぎながら写真を撮る。バスを待つ間、花屋さんが目について渡す花を選んだ。
小さなバラのようなオレンジ色の花と、丸い小さなサボテン。バラはあたしで、サボテンは彼。そんなイメージを持って買った。

その後も観光をし、だんだん日も暮れてきた。
ガイドブックに載っていたかなり美味しそうな親子丼をどうしても食べたくなって、案外近いところにあったからそのお店に入ることにした。
本当に美味しい親子丼で、もう一杯食べたくなるくらいだったBrilliant.

腹が減っては戦は出来ぬ。

食べ終わって、ついに個展をやっている場所へ向う事にした。
きちんと書いたメモをホテルに忘れてしまったが、曖昧な住所と画廊の名前であたしは見つけられると思っていた。


そして探す事20分。

ここら辺だろうという場所にいても見当たらない。
画廊らしき場所は全然なくて、なんだか不安になってきた。
個展は19時までなのに、時刻はすでに18時になろうとしていた。
あたし1人とヨチ&クボと二手に分かれて聞き込みしながら探した結果、同じような住所がいくつかあることに気づいた。

うっそ・・・・どうしよーーーkao05
その不安な顔を見てか、親切な女の人が個展のやっている場所をすぐ探して教えてくれた。本当にありがたかった。
夜になるにつれて急に寒さが増していったが、3人でバス停まで走り乗ったバスが運良く彼の個展のある画廊の近くに行くバスだった。停まるのかも確認しないで名前だけで判断し急いで飛び乗っただけに、本当に行き当たりバッタリな感じ。


この時もうすでに運命のカウントダウンが始まっていた。

バスを降りたら、とても開けたにぎやかな場所だった。
交番で道を教えてもらって、ここから歩いて5分くらいと言われ胃が痛くてたまらなかった。

気持ちの整理をつける余裕もないまま、ようやっと探していた画廊にたどり着いた。

「あそこにいるんだ・・」

そう思ったら足がガクガクして前へ進む事が出来なかったが、時間もないし行くしかなかった。

歩くあたしの後ろには電柱に隠れて”頑張れ!!”って見送ってくれる二人がいる。
頑張って一歩ずつ踏み出した瞬間


”くまさん。”が外にヒョコっと出てきたーーーえぇ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。