スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

導かれた場所。

どうしても苦しくなって、どこか遠くに行きたくなってきた。
本当にあたしは何をすべきか、どうしたいのか分からない。
”くまさん。”とは終わったって分かっているのに、やっぱり分かりたくない気持ちがあるのかな。
いつか、いつか振り向いてくれる日が来るんじゃないかなって。
どうしたって自分が変わらなければ何も変わらない。
そのキッカケを自分は作りたかった。そして悩んで悩んで決めた。

「よし、明日あそこへ行こう」

新幹線に乗り、電車を乗りついで向った場所には”くまさん。”の作品が置いてあった。

海外に行こうかとも思った。
どこか遠くで一度自分を見直したいとも思ったが、短期間でそんな気持ちになれるかといえば忙しすぎた。そしてたどり着いたのがそこだった。
電車があまりないので帰りの電車を考えると滞在時間は1時間もいられなかった。
彼の作品がある場所は、本当にそこでいいのかも確かではなかった。
その駅で降りて作品を見つけることが出来るのか?家を出た瞬間から不安と希望を胸に、それでも今やるべき事はこれだと強い確信を持って進んでいた。

そして不安ピークになり、目的の駅までもう少しだろうという時にモッチにメールした。
彼女は確かに男の前だとちょっと違うしツゥ君との事は勘弁してくれよと思った。
それでも彼女はとても大事な友達だった。なによりもあたし苦しかった時に彼女はそばにいてくれた。
いろんな姿をみせられる唯一の存在であった。だから感謝する事の方が多い。
2人にしか分からない経験もあったし、長い付き合いだからこそわかる事もある。
そしてこの時も心配していろいろ調べてくれていた。
あたしが電車に乗って彼女が指示をだすような、ちょっと探偵ごっこのような感じだったかな。

「その駅で降りたら、橋があるからそれを見つけて。そんなに遠くないはずだから」

彼女の存在は本当に心強かった。
泣きそうで緊張してお腹も痛くなってきたし、駅を降りてすぐにトイレに行った。

「ついに来たんだ。絶対見つけるぞー!」
そう思って歩き出したが、家はあるが人気がない。
目についたのは喫茶店のようなところ。ふくろうがあってかわいいな。
落ち着かなくて電話かけると人がいて、話しながらこっちをみているので目をそらして電話をし続けた。

歩くこと5分、それが姿を現した。


本当にあった!
そう思ったら走って作品のまわりをグルグル見回った。
草がボーボーで足がかゆい。
それでも嬉しさと切なさが心をうめつくしていた。
彼の字で名前が書いてあった。その部分を触りながら思った。

ここに来て作っていたんだなぁ・・あたしと離れた年だ。知らない彼がここにいた。

涙が出そうになるのをこらえて、あたしは写真を沢山撮っていた。
橋を見ながらいろいろ考え、まだ時間があるからどうしようかなと思っていた時
さっき通った喫茶店を思い出した。


「よし、お茶でもして帰るか。」


この決断が、この先のあたしの未来に大きな影響をもたらす事になった。
スポンサーサイト

誰でも耐えなければいけない時はあるんだ。

その日は親友のヨチ一緒に青木君の練習を観に行く事になっていた。
車を運転していると、メールが鳴った。


嫌な予感。


メールの相手から、どんな事を送ってきているのかはわかった。
やはり青木君のこと・・?
違う人の名前が書いてある。

・・・という事は、結婚?!

変な汗が出てきてすぐヨチに調べてもらったら、スポーツ新聞に熱愛報道。

がーーーーーん・・・・・。
一瞬そう思ったけれど、いきなり結婚報道でなくてよかった。
青木君はモテルし彼女の1人や2人いるだろうにね。
それでいて交際宣言なので、やっぱり男らしくてかっこいいなって思った。

球場に着いたら、女の子のファンがあまりいなくてあからさまだった。
いいじゃんね。
あたしは変わらずに応援しているし、青木君が好きなんだし選んだ相手なんだしね。

swallows 010 残って練習。早く一軍でプレーできるように。


ヤクルト神宮球場 045  かわいそうに・・痛そうだった。



ヤクルト神宮球場 081  この笑顔で元気になれるんだ☆


別に何かを期待していたわけではないけれど、でも微妙に取られた感があるのはなんだんだろう。
そんな気持ちをもつ自分にも笑えてくる。

いいなぁ~青木君も恋してるんじゃん!
恋いしたい。
この人好き!って思える人と出会えるのかしら。。。


テーマ : (ノ゚ο゚)ノ う~~っ!! - ジャンル : 日記

あおおた。

それからのあたしはキモイほどに青木君の事を考え口にしていた。
そうしていたら何も考えなくてすんだからかもしれない。

いや、本当に近くにいけたら嬉しいと思っていたのかもしれない。

まさか、そんな事もあるはずない。

アトムに似ている青木君をみれば考えなくてすんだからかもしれない。

分からない。


日々の生活の中で何か考える事がほしかった。仕事を変えたかったが出来なかった為、趣味に注ぐしかない。
あたしの中でフラメンコと野球が大部分をしめるようになった。


そんな時、本当は喜んではいけない。だけど届かない存在の青木君の近くにいけるチャンスがきた。
彼は試合中に右脇腹肉離れをして登録抹消になったのだ。
あたしは行ける限り球場に行って練習をみて差し入れをし、一緒に写真を撮った。

しかも、差し入れするものはプレゼントとはかけ離れたものであり…あたた、完全に韓国俳優に憧れるおばさん化しているじゃないか!


さすがに彼もあたしの顔は覚えたはずだ。

恋したい。

街を歩けば、幸せそうなカップルが沢山いる。

みんな本当に幸せ?
本当は他にも好きな人がいるんじゃないの?
その人のどこが好きなの?
なんで一緒にいるの?
寂しいからじゃないの?


そんな気持ちになってしまうなんて、あたしも随分寂しい女だな。


好きな人かぁ・・・。


やっぱり女は愛された方が幸せになれるのかな。
少なくとも恋していると可愛くなるよね。


恋したいなぁ。

テーマ : にぱー(*´∀`*) - ジャンル : 日記

見たくなかったな。

前まであたしに電話やメールが頻繁にあったのに、もっちと会って彼女が自分に好意を持っているとわかるとそっちにいった。
まぁ、そんなもんだろう。
別にあたしは好きなわけでもないし、めんどくさい事には巻き込むなよと思っていた。

友達同士が恋愛関係になるとろくなことがない。
だけど、2人がそうなるとは思わなかった。
だって彼女は同棲している彼がいたし、気持ちはないとは言え他にも好きな人が居たから。
反対に彼の方は女を見る目がとても厳しかったから興味をもつとは思わなかった。
まず男の前で態度を変える女の子は好きではなかったし、すぐ気づくタイプだったけれど・・・何故かこの時は興味を持ったようだった。


それならそれでいい。何度も言うが、2人とも責任持って付き合ってくれよ。
ただそれだけだった。

一緒にいると彼女からツゥ君の事が一番好きだと聞いていたが、それでも他の好きな人とも終わらせる気はない。だからと言って同棲している彼とも離れる感じもない。
一緒に住んでいるからすぐにどうとかはならないけれど、聞いているこっちはいい気分はしない。
ツゥくんは彼女がフリーであって、自分に興味があると思っているだろうし現実を知ったら・・・。うーん、女とはすごいもんだkao02


あたしはせっかく兄弟のように気兼ねなく話せる友達ができたと思っていたのに・・・。
やっぱり男は自分の事を好きだと言ってくれる子に弱いんだ。だって簡単だもんね。
でもそのうち事件は起こると確信していた。
突然連絡がなくなったとの事。
あたしも「イキナリ何で?!」と思ったが、少し話を聞いて納得した。もし自分だったら怒りや切なさで病むかもしれない。

まぁ、お互いさまだから仕方ないんじゃないかなと思ったけれど、予想以上に彼女の落ち込みようが酷くさすがにかわいそうになった。

他の人に少し彼の状況を聞いていたので、普通に過ごしている彼に腹もたちツゥ君に電話することにした。
こんな事がなければ知らなくて済んだような彼の姿も、もし自分が彼に興味をもっていたらと思うと本当にそうならなくて良かったと思った。
彼はあたしの事を知ったらこれ以上にひどかったかもしれない。

やっぱりみんな友達でいい。好きな人をつくるより、あたしは男友達をつくった方が楽だな。

またもや”くまさん。”を思い出してしまった。


もう、彼のような人に出会う事はないだろう。
あんなに思い続ける事が出来きたのは彼だからだった。
そしてこの先、好きな人は出来ると思う。
でももう苦しい恋や大変な恋はしたくないな。


とりあえず、青木君に会いに行こうかなハート



今回は、ある意味彼女のおかげであたしは悲しまずにすんだ。
今となると少しありがたくも感じる。

なんだかんだ言っても、長い付き合いのもっちはあたしの大切な友人の一人だから、今回は心から応援出来なかったが彼女には幸せになってもらいたい。早く思い出になるように願うばかりだった。


あぁーあ、今更ながら人を好きになるのが臆病になる。

好きになれるのかなぁ…

誰でも?

沖縄に行った事は会社の人も限られた友達以外には話していない。
目的は野球だったけれど、タイミングも良かったんだろう。
リセットしたかったから…


旅行から帰ってすぐに、ツゥ君達と飲む事になった。
モッチは3年同棲している彼がいたが、完全に同居人になり恋愛感情は薄れていた。だから他に好きな人もいたし、このツゥ君に対しても好意を持っていた。

2人が初めて会ったのは12月頃だったかな。

ツゥ君の友達がみんなであたしと彼をくっつけたがり、地元で飲もうと呼ばれた。
あたしはまだそんな気にもなれなくて、でも友達としては仲良くしていたかったから飲み会や男の子のいる場に一番きてもらえやすい彼女に頼んだ。もっちは喜んで来てくれて、男の子も集まって盛り上がった。やはりくっつけようとする雰囲気はあったが、軽く流して話を違う方向へと。

そして帰り際、いつものように彼女は
「誰々がかっこいい、好きみたいになった。」
けれど昔からなので気にしないでいた。

それから1ヶ月以内にツゥ君ともっちはデートをしていた。
メールも電話も頻繁にしていて、確かに育んでいたんだろう。

あたしは別に好き同士ならいいとは思っていた。しかしツゥ君は仲いい友達だから、彼氏がいるのを知っていてそのままでいるのは苦しかった。

そんな事も気にせず、さらに前から好きだった人とも関係を続け
「3人足した人がいればいい。みんな同じくらい好きなんだ」
彼女はそう言った。
ある意味羨ましく感じた。


何でそんなに簡単に好きになれるのかなって…


好きってなんだっけ。随分恋する気持ちを忘れていたから分からない。
別に思い続けていた事を後悔しているとかは全然ないんだけれど、こんなに簡単に人を好きになれたらあたしはもっと違う人生だったんだろうなぁって少し思ったの。


~ 続く ~

沖縄キャンプだぜ。

沖縄は2泊3日。

沖縄は何回か行っているが、観光や海の為でなく野球を観に行くってのは初めてだった。(それが普通ですな)
こんな沖縄に行き方なんてちょっと馬鹿げつつも贅沢な感じだわBrilliant
まだ真っ暗な外を見ながら始発で空港まで行き、二人で選手名鑑を見ながら選手を覚えたりモッチのお気に入りそうな人をさがしたりキャッキャとはしゃいでいた。


沖縄にきちゃったよ~!


さっそくレンタカーで球場に向った。
選手が練習しているよ、ドキドキしながら背番号23を探した。

「あっ!いた」


さすがに好きな選手なだけあって、体形や動きですぐに分かった。
嬉しい!すぐそこにいるなんて。

キャンプ20081

青木くんの笑顔がすごい素敵だった。
かなり近くて向こうからも結構見えていて目が合うとどうしたらいいかこっちが緊張してしまう。
差し入れを渡した時は、あたしの緊張が伝わったようで優しい眼差しでこっちを見ていた。
練習を見ているのも楽しくて、やぱりあたしは観るのもするのもスポーツ好きだな。


選手とも写真撮ったり話したりできたし、沖縄料理も食べて充実した3日間だった。



キャンプ2008



青木くん、すごい優しかった☆いい思い出。


aoki.jpg

テーマ : .+.(♥´ω`♥)゜+.゜ - ジャンル : 日記

違う道にそれてきた?

会えたと言ってもファンとしてだったけど、十分だった。

青木君は球団を背負うTOP PLAYERであり看板の一人だ。
イケメンなうえに独身でファンの多くは女の子である。
鍛えられた筋肉が、彼の努力やオーラを際だたせていた。
噂によれば各界の女子が狙っているとのこと。

納得ヽ(´ー`)ノ

彼はさらにとても優しかった。他球団のあのくらいの選手であれば、高嶺の花すぎて近づく事さえ難しいはず。しかし彼はファンサービスが良くて親近感もでて、とてもありがたかった。元監督の古田さんのおかげのようだ。

さて、あたしは何がしたいんだろうか。
逃げたいだけかな。。。

それにしたって、こーゆうの痛い女だなと感じつつも当分はもうこれでいいやと思った。


思い立ったらすぐ行動のあたし。
もう2週間後には沖縄キャンプの始まりだった。


「行きたい!!!」


野球にはまってから1ヶ月後。
行きたいって思ったらそれしか考えられなくて、毎日毎日キャンプのことばかり。
気づけば安くうまく沖縄に行くための手配をしていた!

「後は一緒に行ってくれる人だな~♪」

説得して昔からの悪友とでも言いましょうか(笑)あたしの性格を昔からずっと知ってくれているモッチに行ってもらえることになった。
彼女は彼氏が途絶える事がなく、そのときも同棲している彼がいたが恋をしていたい子だった。
もちろん彼女も野球なんて興味なかったが、あたしの決め台詞。

「好きそうな選手いると思うよ~行こうよ」

男の子大好きの彼女なので、野球知らなくても多分すぐにはまってくれるだろう。
そして昔のこともあるし、彼女と行く事が一番だった。


そんなこんなで本当にあたし達は、沖縄キャンプに行くことになったハート


テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜ - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。