スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山イベント。~ それから ~

そろそろ着替えてお風呂に入りに行こうと、またみんなでトラクターに乗った。

”くまさん。”と一緒に写真が撮りたい・・どうしよう、もう行かなきゃ。

動き出して見送られる中、ソワソワした心の内をヨチに話した。
すぐさまヨチがトラクターを止めてあたしを降ろし、彼のところへ行って話をしてくれた。彼は舞台の撤去をする為に舞台近くで友人と話していたが、ヨチはそこに入っていった。
他の2人には先に行ってもらい、あたしは彼が一緒に写真を撮ってくれるのかドキドキしながら待っていた。

彼はすぐにこっちに歩いてきた。
そして距離が近づき、彼が1m以内のところにきた。

「一緒に作品の前で写真が撮りたいんだ」

「うん。いいよ」

そしてあたし達は彼の作品の前までわき道を一緒に並んで歩いた。

「どうだった?ちゃんと観た?何であんな端っこにいたの?」

「俺は踊りの事はよくわからないけど、田んぼにあっていたよ。あそこにいたのは・・友達がいたからさ・・」

「ふーん。」

無事に舞台も終わった達成感と、彼に恥ずかしくない自分でやっと話せたような気がした。そしてフラメンコの衣装を着ながら彼の作品の前で写真を撮る事。それが彼にとっての二つのアートになればいいなと思っていた。
彼は腕を組んであたしの隣にいる。
撤去作業をしようとしている人たちがこっちを見て微笑んでくれていて、ちょっと恥ずかしい気持ちになりながらも嬉しさを押し殺して写真を撮ってもらった。

ヨチが写真を撮るのに手間取っている感じで、どうしたのかな?と不安になったが・・使い方が分からない振りして、2人の姿を少しでも多く残しておきたいという彼女の優しさであった。

その後その姿のままで山の方へ歩いていかなきゃいけないのか・・辛いなぁと困っていたら、彼の友達が乗せてってくれることになった。

「俺、”くまさん。”と同級生なんだよー。」

「あっ、そうなんですか。」

その友人が何を知っているのか、あたしは今の彼の状態を知らないし余計な事も言いたくないのでポツリ、ポツリと話すしかなかった。
上まで送ってもらって、ヨチとお風呂に入りに行った。そしてヨチが悩んだ顔をしているので、どうしたのか聞いた。本当は聞かなくても彼女の顔を見ればわかったけど・・。

「写真をお願いしに行った時に、友達の人が「”ミワ”来ないの?」って言ってたの…。」

「そっか、ミワさんって名前の彼女なのかもね。」

「でも、聞き間違いかもしれないし分からないよ・・ただ、あの友達がわざと聞こえるように言った気がするし…」

「うん、いいんだ。教えてくれてありがとう!」

笑顔でいたが、やっぱり心の中ではチクリとした。
名前とか存在を知りたくなかったし、なんか少しだけでも舞い上がっていた自分に冷たい現実を突きつけられたような感じだった。

荷物をまとめて帰る準備をし、4人でKENさんのお店に行った。
スポンサーサイト

里山イベント物語。~舞台からの景色Part 2~

フラメンコダンサー山から登場!!

そんなサプライズにみんなが喜んでくれた。笑いと感動が田んぼを賑やかにしていた。
田んぼ舞台へトラクターを走らせると、一番最初にいるお客さんは”くまさん。”あたしは知らない振りをして、他の人達を見て笑顔で手を振り続けた。

田んぼについてまわりを見渡すと、本当に珍しいものを見るように目がキラキラしていてみんなが注目してくれていた。写真を撮ってくれたりなんだか気分は有名人のようだった(笑)
そりゃあ田舎町でフラメンコを目の前で見る機会もないだろうし、なんか嬉しいな。

舞台にあがりスタンバイ。

1曲目のカスタネットを使ったセビジャーナスと言う踊り。
これは日本の盆踊りのようなもので、お祭りでよく踊られ振りは違っていても誰とでも組んで踊れる。カスタネットがついてフラメンコらしく感じるだろう。
カスタネットがつけられるようになったのもここ半年くらいの事だ。
始まったばかりなのに、本番中にカスタネットの紐が緩んでしまうハプニングが起こった。笑顔で踊りながら直したがちょっとビックリした。
3人で華やかに踊り終えた後、1人は次の踊りの為にハケて生着替え。

残ったあたしともう1人は2曲目のファンタンゴ
偶然にも彼女と2人で発表会も踊る事になっていて、対照の振りになっている。
あたし達のイメージとしては女同士の喧嘩で、1人の男を争っているという設定にしておいた。
勇ましく、そして女は強い。赤の衣装がその場に映えた。

ちゃんと見てるか!?発表会の時に何で来てくれなかったんだよ!

2曲続けて踊ったあたしはハケて急いでスカートだけ着替え、その間に残った1人は時間稼ぎでき曲の説明をしてくれていた。
汗だくになっているので、なかなか着替えられなかったがヨチが手伝ってくれた。
さすが頼りになる親友だ☆


そして3曲目はアレグリアス
これは喜びと言う意味。比較的明るい曲調であるが、途中にはシレンシオ(サイレント)と言う部分があり明るい曲調から一気に雰囲気が重くなる部分がある。
この曲はとても心境にあっていた。人生は楽しい事ばかりじゃない、辛く苦しい事を乗り越えてこそまた喜びを感じられる。

みんなの顔が笑顔であたしも嬉しくなって踊っていたが、突然音が切れた・・。
結構気持ち入っていた時で、ぶっ続けで踊っていただけに体力と緊張の糸も切れた。音響の人のミスでボタンを押してしまったらしく、その部分から始める事が出来ないからまた最初から踊る事になった。

「かっこよく踊るより、楽しく踊ろう!」

またすぐ最初から踊りなおした。もう何でもありだ。
最後の曲はブレリアで手拍子をもらいながら、お客さんに挨拶がてら1人ずつ踊り舞台をしめて退場した。

本当にみんな楽しく踊りきってくれて田んぼでのフラメンコは大成功に終わった。
そのあとは、踊り手2人は家族親戚のところで話をしていた。
あたしは1人で立っていたら、芸能人でも何でもないのに撮影会や握手を求められて恥ずかしかった。
小学生くらいの男の子が一緒に写真を撮りたいと待っててくれて嬉しかった。

子供やおばあちゃん、おじいちゃんに喜んでもらえるのが一番嬉しい!


~ 田んぼの舞台大成功の後へ続く ~

里山イベント物語。~おせおせ、GO!~

本番2時間前には準備にかからなければなので、昼は食べずに早めにKENさんのアトリエの広い作品置場へ行った。

なんとっ!!

カメムシが大量にいて、みんな逃げ回っていたので準備よりまず掃除とカメムシを排除する作業になった。あたしとヨチはホウキを持って片っ端からカメムシをピンピンッと外にはじき出す。離れた場所で不安げに待つ2人。雑巾がけをして綺麗になったところで、衣装をハンガーにかけてメイクを始めた。何かと波乱ありではあるが、それさえも楽しい時間だった。

たくさん汗をかいても平気なファンデーションを塗り、舞台顔を作るにつれて徐々に気が引き締まっていく。みんなで協力し合いながら花や飾りのバランスを考え髪を仕上げていく。
本番1時間前には準備万端!な状態で、残りの1時間で軽くウォーミングアップをするつもりだった。しかし何度もKENさんから電話が入り、予想以上に他のグループが早く終わってしまいそうらしく

「あと、どのくらいでこれる?!」

「え!?だって始まって一時間経ってないじゃないですかぁ!ちょっと急いで準備します」

考えてみれば3組で3時間は時間がありすぎなくらいだ。
早めの行動でよかった・・・。

急いでメイクや衣装を仕上げ、ウォーミングアップを10分程度したくらいでトラクターのような乗り物に乗った。

ついに舞台へと動き出したあたし達は山の上からゆっくり30キロのペースで降りていった。
ちょうど草木が開けて田んぼと村の景色が綺麗に見渡せる場所に着いたらトラクターが止まった。

「みなさん、あちらを見上げてください!フラメンコダンサーのみなさんの登場です!!」

「わぁー!!」

田んぼを見下ろすとみんながこっちを向いて笑顔と驚きでざわめいていた。みんな手を振っていてくれたので、あたし達も笑顔で手を振り返した。
この時点でまっさきに”くまさん。”の居場所を確認した。すぐに見つけれられている自分にさすがだなと感心しつつ、それと同時に彼らしいなと思った。

彼はステージから見て左側の一番端っこ、友人と一緒にガードレールにもたれるように座っていた。

と言う事は、出来る事なら舞台の遠く気づかないようなところから見て居たかったんだろう。意識してかわからないがみんなに紛れてみている方がとても自然なのに、極端に避けているようなポジション。そしてそれは、あたし達が山から下りて一番最初に目にする場所である事は予想外であったに違いない。


ブブブブブッとゆっくり山をおりて田んぼへと向かう。

~ 本番へ。 ~

里山イベント物語。~その時~

入ってくみんなに会釈をする彼を外から見て、あたしに気づいたらどんな顔するかなと緊張しながら
「おっす!」
最後に入ったあたしは、彼の顔をしっかり見ながら元気に挨拶した。

「どうもぉぉお!!?!?あっ!えっ?何で?」

パニックのようで、でも知っている顔を見た彼の目は一瞬光った気がした。
嫌ではなさそうだ。よかった・・・。

「なんで?なんでいるの?どうして?」

「今日フラメンコ踊るんだよ。フラメンコって出てるし気づいてるかと思った。」

「あぁ~、そういえば、フラメンコやるってあったなぁ」

「そうだよ。踊るから!宜しく!」

そう言い放ってみんなを連れ、舞台へリハーサルをしに田んぼへ向かった。
さっぱりした再会であるが、それがその場で出来る自分なりの精一杯の表現だった。

靴を履いて実際に音を出して踊ってみた。
まわりは山に囲まれて何も無いので、靴音が思った以上に響いた。まさかと思ったがカスタネットの音もかなり響くし、あらゆる音が返ってくるようだった。
それはそれでマズイ。
自分の音がずれた音に聞こえてしまって惑わされる。もともと音響だけはキッチリしてもらいたかったので、スピーカーは向けてもらえた。
踊っていてどこを踊っているのか分からなくなっては致命的だから。
それでも自然の中で踊れる事はとても気持ちがよかった。発表会や室内で踊るのとは全然違う。
まわりには沢山の作品があって、数時間後に自分達はここで踊るんだなって。
ちょうど後ろには”くまさん。”の作品。

あたし達がリハをしていると、彼がてくてくと横の道を歩いてきた。
自分の作品を見渡し、何かやっている様子。
そして一緒になってずっと彼についていくわんこさとと-いぬなんだか羨ましく思ってしまった。だってずっと離れないで彼にかわいがってもらっているんだもん。あたしもそうしてほしい!

それを見ていたヨチが一言。
「あの犬がなんだかかぶって見えるよ・・・(笑)」

「たしかに。あたしも自分の分身のように思えてきたよ(笑)」

そんなこんなで無事にリハも終えてKENさんのお店に行った。
ヨチによると、彼はチラチラとこっちを気にしていたとの事だったけれど、そんな事を言ったら”そんな事ない”とあいつは言うだろう。
自分でも見ないようにして、横目で彼の姿を見ている中ではたまにこっちをみていたのは感じた。
お互いに意識しないようにして意識していたんじゃないかな。
あたしは負けず嫌いだし、「あんたの為にここに来たんじゃないもん」と振舞いたかった。
本当はそうである事がバレバレであっても。

みんなニヤニヤしていた。
そこにいる全員があたし達の事を知っていて、彼に対しても同じような態度だった。
微妙に居心地が悪いが、それさえもある意味無言のプレッシャーである。
みんな盛り上げてくれている。

どうなの?これって。嬉しいんだけど、彼は嫌かな?どうなのかな?
あまり変わらないし何とも思っていないのかな?


見ないようにしているんだけれど、どうしても彼の姿を追ってしまうんだ。
だってずっと会いたかった。
ダメだって言われても会いたかった。
会ってどうにかなるなんて思っていないけど、でも運命を変える事が出来るのなら最後まで頑張りたい。


一緒に居るとドキドキするけど落ち着く不思議な空気。
あたしはこの時、この一年で一番輝いた目をしていたに違いない。

里山イベント物語。 ~始まりと再会~

あれだけ飲んでヘロヘロだったのにも関わらず二日酔いもなく、朝6時前にはシャキっと起きる事ができた。お酒も美味しかったし、ケミカルがなかったからかも?緊張のせいか?とにかく一切酒は残っていなかった。他のみんなも全然平気のようで、朝一から4人で一緒にお風呂に入りに行った。

そしたらオジサマ達は朝からもう働いていました(笑)
なんだかあたし達が寝ぼすけのような感じ。
いやいや~あれだけ飲んだのに・・みなさん元気でいらっしゃいます。

お風呂のお湯が汚くて、みんなで洗いお湯を溜めた。
かなり時間がかかりながらも、頭も体もスッキリして今日一日の始まりを実感。宿に戻り朝食を食べていたら隣にガテン系の男の人達がいた。その近くで工事をしているらしい。

”他にも泊まっている人がいたんだなぁ~”なんて思ったら、

「フラメンコを踊られる方達ですか?」

「はい。田んぼで踊りますので、時間があったら観に来てください☆」

なんだか嬉しかった。ここの地元の人は、フラメンコをイベントで踊る事を楽しみにしていてくれているようだ。本番用と置く荷物をまとめて、KENさんの家に荷物を預けに行こうとした時だった。


それは突然でもあり、うすうす感じてもいた。

荷物をガラガラと転がして、お店のドア開けようと中を覗いた時

見覚えのある顔

会いたくてたまらなかった

本当にそこにいるんだ

どんな顔するのかな

不安と嬉しさと抑えきれなくなって逃げ出した。

「”くまさん。”がいる!」
そしてみんなに先に入ってもらうことにした。
心臓の鼓動がおさまらないが、最後に決意して入ることにした。


 ~ 続く ~

テーマ : (ノ゚ο゚)ノ う~~っ!! - ジャンル : 日記

前夜祭。

あっという間に辺りが薄暗くなっていた。
お風呂まで歩いて行くと、車を停めて外で立っている男女2人がいたので声をかけた。

ヒョロっとした20代後半の男性と、40代?くらいの女性。

最初は道に迷ったカップルかなぁ?とか思ったが、今回のアート展の参加者だった。
女性がプロで仕事をしている方で、男性は学校に通っていて近々イタリアに留学するとのこと。
見習い中であり、今回は運転手&勉強&お手伝いをしに来たんだって。
さっきあたし達が舞台を作って明日のイメージを湧かしている時にちょうど到着して、作品作りを始めながらチラチラと舞台を見ていたらしい。暗くなり始めたので急いで作品を作り終え、お風呂に入ろうと思ったがどうしたら良いかわからなかったところにあたし達が来たという事だった。

せっかくなので、初めて会う人だったけれどその女性と3人でお風呂に入ることにした。

電気は通って無いので、置いてあるロウソクの火を片っ端からつけてかなりムードあるお風呂になった。そこで3人で一緒のお風呂に入って話した。

「あたし達は明日フラメンコで出るんですよ」

「あら、そうなの?すごく素敵じゃない。初めて観るしすごく楽しみにしているわよ」

話をしていくうちに、彼女も”くまさん。”と繋がっている人だと知った。前に一緒に仕事をしたらしくて、今回の出品も彼の勧めがあり参加する事になったらしい。
その女性にはフラメンコを踊っている姿を彼に観てもらいたいので踊りにきたのもあると伝えた。

「そうなのね、じゃあその辺も楽しみだわね!」

不思議な縁は沢山あるもんだ。


お風呂あがってから、KENさんMAKIさん応援し一緒に活動しているみなさん達の前夜祭に参加させてもらった。とても明るく元気に満ち溢れているみなさんで、こっちが負けてしまいそうなくらいだった。
毎年のイベントに初めてのフラメンコ参加で、若い力が加わったと言う喜びをみなさんが思いっきり出してくれるので嬉しくなった。挨拶をして、素敵な舞台で踊れると言う感謝の気持ちを伝えた。

乾杯!!!

次から次えとお酒を注がれ、ヨチが飲めない分あたしが飲んだ。他の2人もお酒は強いので注がれたら飲むの繰り返し。
一升瓶の赤ワインって見た事ある?!ビックリしたけど、これがまたおいしいんだ。ガブガブ飲んでしまって気づいたらフラフラ・・・。
明日が本番なのにこれはまずい。二日酔いで踊れないなんてシャレにならない!!
しかも衝撃的な事に、そこにいる全員があたしと”くまさん。”が付き合っていた事を知っていた。やばい、そんな事になっているなんて・・・人の事は面白おかしくなるもんで、特にそんな姿をみせない若手の彼の昔の恋話なんてみんなの良いネタだ。どうしよう、どうしよう・・と思いながらもうここまできたら何でもいいじゃんと開き直った。そうさせたあいつが悪い!酔っ払って変に前向きになった。そこにいるみんなが応援してくれているようなので嬉しくも感じていた。

開始から5時間くらい経過して、さすがに宿に戻る事にした。

みんな酔っ払い(笑)

星空がすごく綺麗なの☆
ふわふわしながら、部屋についてバタンと倒れるように眠りについた。


そっかぁ、明日会えるのか、あえる、あえる、あえるんだぁ・・・・Zzzz

明日会う。

”くまさん。”が明日来ると知って心臓が飛び出るようだった。
自分の作品があるし毎年いるのは知っていたけれど、ちょうどこの日に付き合っていた時にも手がけていた作品のお祭りが重なっていたので来ないかなとも思っていた。
そう思いながらも来てほしいと願っている自分もいた。

すぐに会える距離にいるのに、絶対に会えなかった。別れた後、会いたいと思って何どか誘った。もう会えなくなるとわかっていてもとめられなかった。体を重ねて以降やはり会うことは出来なかった。
京都で彼の個展を観に行って再会はしたものの、これから先、会いたいくても会えないものなんだと知った。だから地元で偶然ってのも望まなかった。彼に会った時にどうなるのかわからなかったし、少しずつでも離れてきた気持ちが戻ってしまう気がしたから。
そして何より、彼の横にいる人を見たくなかったから。


みんなでコンパネも敷いて、テントをはって会場作りを終えた。
部屋に戻って荷物の整理と、明日の衣装を着て髪を巻いたりお団子を作って飾り、舞台でのイメージを沸かせてみた。

順番に2人ずつで手作りひのき風呂に入る事にした。あたしとヨチはゆっくり話したくて後にすることにした。KENさんから聞いてからずっと胃が痛かった…。頭がぼーっとし、そんなあたしを心配そうに見ている。

「あぁ、ヨチがいてくれて良かった。」

常にお互いの幸せを望み、そばにいてくれる。家族と同じように大切な存在。本当にありがたいよ。だからこそ、自分自身と仲間を信じ進むのみである。

お風呂に入りに行くと、2人の男女がいた。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

「 いざ、出陣なり。 」

現地までは新幹線で行く事にした。
車で行ければ安いし時間もそこまではかからないが、運転できるのはあたしを含めて2人のみ。
それはさすがにきつかったので電車で乗り継いで、前日入りする事になった。

4人で電車に乗っていると、どこか旅行に行くような気分にもなった。
駅弁を買い外の景色を見ながらみんなでおしゃべり。
あたしはいつも1人で行っていたので、みんなと一緒にそこへ行けるのにとても感動した。

初めての野外舞台への挑戦、村の人達に楽しんでもらいたい、アート展やKENさんに少しでも貢献したい、”くまさん。”にフラメンコを頑張っている姿を見せたい・・

いろんな気持ちが次々と体中から湧き出てくるのを感じていた。
沢山の人が協力してくれていて、いろんな偶然や必然が混ざりあって向かっている。

誰一人増えても欠けてもいけない、そこにいる全員でなければいけなかった。
いつしか決戦の地へ向かう侍のような気持ちにもなっていた。
精神的に追いこんで意識を高めるのが一番自分を発揮できるので、その時が近づいてくるのを感じると異常なほどアドレナリンがでていると思う。
いつもそういった時は全てのタイミングもよくて、これから始まる時を迎えるにあたり「役者は揃った・・」と言うような感覚にもなるほどであった。

結局現地に到着したのは夕方だった。
着いてすぐにKENさんMAKIさんに挨拶をして宿に荷物を置き、みんなで舞台になる所へ向かった。そこには沢山の展示品が置いてあった。

「わぁ~すごい!」

プロもアマチュアも関係なくいろんな作品があって、中には小学生が集まって作った大きな作品もあった。一人一人の思いや発想が混ざり合い、何も無かった場所がこうやって作品を置く事によって美術館のように変わる。
たまたま車で通りかかる人も、横を走る電車の窓から見る人も、一瞬でもこの場所に心を奪われる。
やっぱりアートって人に夢を与えるなぁって。


あたしは無意識に”くまさん。”の作品の前にいた。

「HPで見た作品がこれか。そっかぁ、ここで作っていたんだなぁ。あたしこの作品好きだよ」


KENさんがニヤケながら言った。
「彼、明日くるよ。でも何も話してないからね。どうなるんだろうね!」


テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜ - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。