スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全てと通過点。

Kとあたしは似ていた。一緒にオーストラリアに行き一緒に一年を過ごした日々は大きかったし、唯一の本音で話せる友達だと言ってくれた。

本能で動くのは3人とも一緒。
でも、あたしと旦那のSは何だかんだいって考えて動くタイプだった。
と言うか、これが普通なんだろうけれど普通の人に比べたらあたしは完全に本能タイプ。

オーストラリアにいた時と、日本の生活は全然違うのは当たり前だし仕方ない。
のんびりサーフィンして、仕事して、みんなでパーティーしてって楽しい生活ができる訳がない。
働かなくても生活出来るような人達は別として、働かなきゃ生活できないじゃん。
どこにも行けないし、好きな事も出来ないし、ほしい物も手に入らない。

Sの家はある程度お金のある家だった。
そして父親の会社を継ぐため必死に働いていた。一代で築きあげた会社を苦労なくして簡単に譲る訳にはいかない。その為確かに休みは少なかった。

そしてK自身もお金のある家だった。
今まで過保護に育てられあまり苦労をしてないし、知らなくてもいられたタイプの子。
自分にあまい。
だからこそ、福岡に嫁ぐと決めた時はみんなが無理だよと反対した。
友達もいない、家族もいない遠く離れた場所で住めるはずがないと。でも、本能タイプだから旦那の愛が感じられていれば問題はそこまで大きくならなかったかもしれないが・・・うーん。
行ってみて理想と現実とのギャップに耐えられず、年に5・6回は地元に戻ってきていた。
飛行機のお金もかかるし何よりも、旦那は自分達の生活のために働いてくれているのに自分は地元に戻ってきて遊んでいるって・・・。
後から知って衝撃すぎたんだけど、一年目はラブラブだったがすでに2年目以降は険悪だったらしい。

もう少し早くに言ってくれればよかったのに…。2人とも頑固で負けず嫌いだから、喧嘩したもんなら一緒に住んでるのに目も合わさず一週間過ごす事も。


夫婦の本当の形とは‥?あたしが口出す題材ではないケドサ(*´д`*)
スポンサーサイト
コメント

私も気を付けなきゃね。夫婦として家族になったわけだし、今以上に大切に思いやりを持っていかなきゃだわ。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。