スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片腕を失うような思い。

衝撃の告白で、段々あたしの怒りがKにも伝わり顔つきが変わっていった。

離婚したのを待っていたかのように、いや離婚する前から付き合っていたようだった。
Kは大切な友達で、それと同じようにSもあたしにとって大事な友達なんだよ。
そんな裏切りを目の前にしてあたしはSの顔を真っ直ぐ見られないよ。
何で、何でだよ!そして何であいつなんだ。ふざけんな!あの男もバカだよ。

「まぁ、前向きにいくしかないよね。」

Kのその言葉を聞いて引いた。
「一緒にいて好きになってしまったのは分かるが、女見る目ないから福岡に女追いかけてきて振られるんだよ。そしてKもね、人妻に手を出す男を選んだんだからね。覚悟した方がいいよ」

もし二人の気持ちが本物であったら今付き合うことなかったじゃないか。イタリア行くって決めていて遠距離じゃん。何で友達じゃ駄目だったの?

「あたし、そう言われてなんか本当にヤバイって感じてきたよ。でもね・・」

「他の友達が”好きな人が出来たなら仕方ないじゃん”って言っても、あたしはそうは思えない。Sも同じくらい仲が良いし、もしそんなに仲良くない旦那だったらまた違ったかもしれないけれど受け入れられないよ」

そしてさらに言ってしまった。
奥君の名前は、今後一切あたしの前では出さないでね。

どうしたらいいか分からないけれど帰る途中、もう当分Kとは会えない気がした。
何日か考えた末、やっぱり当分は会えないとメールした。
メールするのはイタリアから帰ってきてからにしてほしいと。
あたしもヒドイ女だよね。

本当に大好きだから、いつもあたしが困っている時にその笑顔で助けられたのに・・・。
今までのKとの付き合いがこんな事で終わると思っていなかった。
終わるのは奥君との関係で、友情がずっと続くと100%思っていたし信じていた。それでもKは恋を選んだ。


イタリアから帰った知らせを福岡に異動になった友達に聞きいている自分に空しく感じた。
でも、Kが元気でいるのか知りたかったし会いたくて
「帰ってきたの?」とメールしたが、現在に至るまでKからの返事はない。
3ヶ月イタリア留学後も奥君と続いていて、福岡に行き一緒にいるらしい。
Sもいる福岡に行くなんてすごい女だ。どこかで会うかもしれないのに・・・。

また男で大事な友達を失ったよ。しかし女の友情とはこんなものなのかもしれない。
一生懸命自分の事を思ってくれる友達がいたんだと後から思ってくれれば嬉しいけれど、あたしが一番大きな事言ってずっと一緒にいたかっただけなのかもね。





発表会まで2ヶ月。

振りも最後まで終わり、踊り込みに入っていた。
もう他の事なんか考えている暇はない。集中して発表会と”くまさん。”の個展の事だけを考えた。だって、ずっとずっと頑張ってきたんだ!
”恋人”と言う立場から”友達”になった時から、この長い道のりは決まっていたんだと思う。本当だったらもっと長かったかもしれない。
先が見えない時は本当に辛くて悲しくて寂しくてどうしようもなかったんだよ。
でも、一つずつの出会いやタイミングで光が見えた時、あたしはまた強くなる事が出来たんだ。
そして”くまさん。”がアーティストだからこそ、何をしているのかが分かり会える場所がある事が良くも悪くもあたしが思い続ける理由の一つにもなった。


振り返れば本当に長かった。いろんな事がありすぎたんだ。


スポンサーサイト

テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。