スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No,59の行方。


こなかったんだぁ。


正直、ダメージは大きかった。
それでも自分自身にも周りの人にも強気でいた。
だってそうでもしなければ心が折れて崩れてしまいそうだったから。
もうそんな自分に戻りたくない。
自分自身に嘘をつくことで、錯覚を起こしそれが前向きで強気な自分になれる気がした。


寂しくなんかない。悲しくなんかない。惨めな自分はごめんだ。
そんなところ誰にも見せないし、見られたくない。


でも、夜の眠る前になると考えてしまうんだよ。
”もしかしたら、ヨチが気づかなかっただけで・・どこかにいたかもしれない”
真実は本人の口から聞いてから。まわりに言われたとしても、自分で納得しなければ気がすまないあたしの性格。今回の事も自分で全て決める。

今まで頑張ってきた事は無駄にはならないが、頑張っていた心があるから。
簡単にそうですかとは言えないよ。
知らなくていい事も世の中には沢山あるかもしれないけれど、あたしはいつも受け止めたい。
自分に与えられた試練や苦行は全て乗り越えたい。
自己満足と言えばそれまでだけれど、あたしは今回の件では、誠実に正面から”くまさん。”に向き合おうとしたんだ。
自分で作った運命だ。全てを受け入れる気持ちでスタートを切って今まできた。だから最後までいかせて。

だから、逃げんじゃない!そんな思いもあった。

とりあえず、発表会終わってから京都へ行く間の2週間くらいは毎日心のバランスをとっていた。
むしろ考えてもしょうがない。せっかくの親友との京都旅行が台無しになるから楽しくいよう!
そして楽しみながら、彼の作品を観にいきたいと思った。
行ってどうするかなんて考えても仕方ない。
行ったらその時考えよう。
彼がいるのかもわからないし、どんな顔するのかもわからない。

普通に、ただ普通にいよう。


会いたい、会って話したい、でも会うのが怖いよ。

それでもやっぱり会いたい。


スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。