スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動き出す何か。

そのお店は木で作られた山小屋のような感じだった。
外には木のプレートに手書きのメニュー表があり ”パスタ” ”ケーキ” ”ピザ”などなど。

入っていいのかなぁ・・?と恐る恐る中に入ったが誰も居なかった。
と言うか、ここはお店なのかな?!と不安にもなったが、そんな時に奥のほうで声がしたので

「こんにちは~。 あのぉ、ここは喫茶店でいいんでしょうか?あと、アートギャラリーと書いてあったのですがどこにありますか?」

年配の男性が顔を赤くしてこちらに顔を向けた。食事中?だったのか飲んでいるようだった。

「君はどこからきたのかい?誰の作品を観にきたのかい?」

「あっ、ハイ”くまさん。”の作品を観に来ました。ここにあると聞いたので、日帰りでと思い時間が少しありましたので寄らせてもらいました。」

その後もかなりの勢いで質問攻めにあい、うっかり「前に彼と付き合ってました・・」と言ってしまった。それを聞いてなんだか親近感を持ってくれたのか

「そうなのか~!!じゃあ、そんなとこに居ないでこっちに来て一緒に飲もう!」
と飲んでいる席にお邪魔させてもらう事になった。



それがKENさんとの出会いだった。


スポンサーサイト

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜ - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。