FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない答え。

あたしはホロ酔いで楽しそうに話している席に混ざる事になった。戸惑いながらも椅子に腰をかけ、さぁ飲んでとビールをつがれた。

そこにはKENさんとMAKIさん、そしてもう1人KENさんの友人がいた。
そして店の中を見渡すと作品の写真や資料があったりアートに絡んだものが沢山あった。
KENさんも”くまさん。”と同じ職業であり、海外にも作品があるらしい。

話をしていてビックリしたのが現在も彼に自分の使っていたアトリエを貸しているとのこと。そのアトリエの事は彼から聞いていて知っていたけど、その人物が目の前にいる。

”こんなところで、こんな繋がりがあるなんてすごいなぁ”

それであたし自身の緊張も少し和らいだ。KENさんとMAKIさんが彼がここに居た時の話や作品を作っていた時の話をしてくれた。
不思議な感じだった。あたしの知らない彼の歩いた時間の事を第3者から聞く事に、なんだかずっと離れて暮らしていた家族や兄弟の話を聞いているような気持ちになった。ここにいたんだなぁと想像して聞いていると気持ちが熱くなり、嬉しくて涙が出そうになるのをこらえた。
初めて会う人の前で泣くわけにはいかないしね。
そしてここに来たのは偶然ではないんじゃないかと感じていた。

KENさんは言った。
「とにかく動いて行動することが大事だね!行動すれば、また出会い何かが動くから」


忘れかけていた何かをまた思い出させてもらえた気分だった。


アートギャラリーも見せてもらい、時間になったのでホームへ向かった。KENさんの友人も同じ電車で帰るとの事なのでご一緒させてもらい、2人に見送られて帰ってきた。
本当は手作りのひのき風呂に入ればいいのにとか、泊まっていけばいいのにと言われたが何も用意していなかったし日帰りの予定なので「改めてまた泊まりに来たいと思います」と伝えた。

出発した時は不安や緊張やらいろいろな思いがあったが、まさかこんな形になるとは思っていなかったし知らない人と2人で帰ることになるなんて。
やっぱり人生何があるかわからないからおもしろい。
今日、ここに来た事は間違いではなかった。



あたしは考えた。
ここまで突き動かすものは何なんだろう。
この気持ちはどこへ向かっているのだろう。

”くまさん。”とは自分の人生の中で知り合い、友達以外で一緒に並んで歩いた時がある人。
一緒にいられなくても、それは仕方ない事でありそれまでである。
今までだって一時を過ごした人間などいたではないか。
相手からしたってそうだ。
一人一人の人生があり、出会い、別れ、いろんな経験をしていく。
それは相手があるが、でも感じるのは本人だ。



恋にも仕事にも未来にも、今の自分はこれでいいのかと。
いろんな事が悩みに変わり何か見つけたかった。
いや、見つけると言うより自分自身で実感し納得したかった。

今回ひとり旅をしたことで、小さな光が見えた。
これでいいんだと納得できる何かが得られた気がしたから、また明日から頑張れる。
一生懸命日々を過ごそう、それだけだ。
スポンサーサイト

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。