スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢舞台。

一度来ているだけに、もうずっと前から知っているかのような気持ちになった。
店の中に入り荷物を置いて、MAKIさんに挨拶しに行った。ちょうど雇っている人と仕事が終わって一段落しているところで、あたしの顔を見て笑顔で迎えてくれた。

KENさんとわんこと一緒に、超スロー走行トラクターのような乗り物に乗って案内をしてもらった。

まず最初は山にある手作りヒノキ風呂。

お風呂の隣にはKENさんのアトリエがあった。ここで作品をつくっているんだね。
キョロキョロと見回っていると
「おーい!」と呼ばれ、あとでお風呂に入るために薪を割って火の準備をした。
わぁ、嬉しい!こんなこと都会にいたら絶対に出来ない。そして、わんこの体も洗ってあげた。
動物を飼っていないので、これさえも嬉しくて仕方なかった。
山の中で本当に誰もいない。
人は住んでいるんだけど、人の姿をあまり見ない。
たまに車が通るだけで住んでいる人なのか抜け道で通って行く人なのか。
数少ない電車が田んぼの横を通った時に手を振ってみる。
電車に乗っている人は、あたしはこの住人のように思われているんだろう。

次は手作り小屋。

これこそ本当に山の中を入っていった。一応、道があるから先に何かあるんだなと思うけれど・・よく道を切り開いて、ここに材料を運んで作り上げたなぁと感心した。さらに下に降りて川を歩いた。
コケに足をとられて転んだ。デニムパンツのひざが破けた。
KENさんと笑いながら川を楽しみ、超スロー走行トラクターに乗った。
わんこは頭がいいので、遊びまわっていてもちゃんと付いて来る。

その後もいろいろ案内してもらって、喫茶店に戻りあたしはお風呂に入った。

「ここの景色を”くまさん。”も観ながらお風呂に入っていたんだなぁ」
なんだかジーンとしながらお風呂を楽しんで、歩いて喫茶店に戻った。

「お風呂よかっただろ!」

「はい、とても気持ちよかったです。それに景色もよくて、最高ですね!」
KENさんはご機嫌だった。
しかし、本当によく作ったなぁ。KENさんの友人や仲間達、本当にみんなの力があわさって大きな動きになったんだろう。
夢を持ってそれを行動にうつすって簡単なようで難しいけれど、動けばあとは進むだけ。その一歩やみんなの協力は人生のあり方であったり、いろんなことを学ぶことになる。

自分もこんなに純粋に何の利益も考えずに動ける事が見つかれば幸せだなぁと感じた。


イイにおいがしていた。MAKIさんが夜ご飯の準備をしていてくれた。

スポンサーサイト

テーマ : +:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜ - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。