スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまよう塊。

S・Aを出てからは意外とスムーズに流れていて、冊子をもらったりでテンションもあがって楽しい時間になっていた。
だからこそ聞けなかった事は今聞きくしかない
あたしの知らない時間を、彼がどう過ごし今に至るのかを少しずつ聞き出していった。
それだって最大限の気を使い、自分の話を織り交ぜながら会話を進めていった。彼も最初の時より心を開いて、本音を話してくれるようになっていた。

ミクシィや他の人のブログなどで、少しだけ知っているけど・・・本人の口から聞きたい。あわよくば、その流れで今どんな状況なのか?彼女がいるのか?あたしと会ってどんな気持ちでいるのか?知りたい。早まる気持ちを抑えながら、話し方やトーン、内容など出来るだけ自然にしなきゃ。

その中で入院した時の事を話してくれた。
職業病でもある腰痛。付き合っていた時も隣にいて何も出来ない自分に虚しくて辛い思いをした。
そのヘルニアが悪化して動けなくなり入院。
大きなプロジェクトが進んでる途中で、ベットの上でミーティングをしたこともあった。
思うように動かない体でもう作品を作る事が出来なくなるかもしれない、それどころか一生この仕事は出来ないのかもしれない。いろんな思いが駆け巡り、その時はどうして自分だけこんな思いをと呪いたいぐらいな精神状態だったと。



聞いていて切なくて苦しくて、とても居心地が悪かった。彼がそんな思いで入院生活をしていて一度も顔を出せなかった。それどころか、そんな辛い時にそばにいられなかった。とは言え、あたしは彼がどんな状況か知っていた。彼の中であたしにその姿を見せる事を拒んだ。その結果違う痛みを伴った。

そして本当にタイミングだなとも思った。あたしにとってはマイナスの状況。

もしあの時、少し時間を置いてみる気持ちになったなら、あたしは入院生活を支える事ができたのかも知れない。弱っているところに誰か支えがあれば、どんな人だって気持ちが動きそうな気がする。どんなに強くいようとしても女より男は弱いから。

ずっと1人でいられるわけないじゃん。


複雑な思いで彼の話を聞いていた。
「大変だったね。でも入院して手術が出来ただけ良かったじゃん。期限が決まっていたら痛みにだって耐えられる。」

どう思ったかな。君にこの痛みがわかるか?わからないからそんな事が言えるんだ。
それかもし真意に気づいていたら、本当によく理解してくれている人だったと感じる。

あたしはたまに、会話の中でどこか逃げ場や違う意味を持たせて話すことがある。そうする事によって、相手の出方をみたり本性を引き出したいから。だからって会話トリックが上手いわけではないけれど、自分の気持ちのコントロールが出来ている時には成功率は高い。
そして段々と彼の雰囲気を捉える事ができていった。
彼もあたしのちょっと立ち入った話を理解してか上手くかわしている。


”相手の真意をつきたければ、考えさせる余裕を作ってはいけない。”

今は亡きトニ男の言葉が頭をよぎる。彼ならこの状況をどうゆう風に自分の流れにするんだろう。
あぁ、今となれば本当にトニ男にはいろんな事を教えてもらえた。そして彼の協力もあって、”くまさん。”と一緒に過ごせた。別れたあともずっと引きずっている事に対して

「お前は馬鹿だ。そしてお前を逃したあいつはもっと馬鹿だ。もったいない事をしただけだ。だからお前は他の男を見つけて楽しむべきだ。待っていても時間の無駄だ。」

その言葉は響く。人生経験の中で得た事であり、トニ男の言葉には肯ける事が多い。でも分かっていても、あたしにとって一度だと感じられる人であったから次にいけなかった。もうこんなに全身全霊で誰かを思う事もないと思うし、こんな苦しい思いをするのは今だから出来る。
この恋に終わりが来た時、あたしはもっと自由にそして素直に恋愛が出来る気がする。
そう思ってここまできてしまった。いい加減に終わらせたい。


だからこそ今、納得できるようにしなきゃなんだ。本来こんな機会なんてないんだから。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。