FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアの旅①

イタリアまで約14時間。

本当に不思議なもので、降りたらイタリアなんだよね。いつも飛行機に感動する。
姉さんとはいろんな話をした。
みんなそれぞれの人生を生きているし、やっぱり振り返ることもあるけれど今を大切に生きることが一番だよね。
職場の話しになってアトム事件が蘇り、もうこの際話してしまおうか悩んだ。
でも、アトムの奥さんの話も出て苦しくなってやめた。
自分の中で整理するしかないんだ。。。


イタリアに到着。
姉さんの友達夫婦が迎えに来てくれて、その日はイタリアレストラン♪
美味しい料理、大好きなチーズにワインにイタリアに来たなぁLOVEなんて感動し、久々に聞くイタリア語に体がゾクゾクした。

本当だったらミラノに着いて、すぐフィレンツェに電車で向かうつもりだった。
貧乏1人旅ではなく、安全でお風呂もベットも綺麗で本当にありがたい。
飛行機の疲れもとって次の日は街をフラフラ観光した。
Duomoに行って前回行けなかった頂上へ階段で上ってミラノの街を見渡した。

「イタリア~最高!」と叫びたいくらい嬉しかった。
姉さん達は買い物へ、あたしは美術館へ行き後で待ち合わせになった。

ヴァティカン美術館のラファエロの「アテネ学堂」
あの作品には沢山の偉人、哲学者などが描かれていて面白い。
その下書きがミラノにあり、前回行けなかったので行く事にした。

今回の旅は前の旅の穴埋めにもなりそうだなにっこり

春先は中学生?の社会見学なのかいろんなところに学生がいて、ちょっと邪魔だった。アジア人のあたしに反応して少し面倒だったが仕方ない。

そしてお目当てのラファエロ下書きのある部屋に行って、泣きそうになった。
ヴァティカンのとは少し違うんですようふ感動して近くで見たり遠くから見たり、その部屋で1時間くらい過ごした。

絵画館を楽しんだ後、お城に行ったり散歩して待ち合わせ場所のダヴィンチの「最後の晩餐」のある教会へ行った。予約がいっぱいだったから見られなかったけれど、教会の中にはタダで入れたので椅子に座りいろいろ考えた。
神聖な場所なだけに、自分の心を見られているようないろんな気持ちになり。
自分が油断したばっかりに、アトムとキスをしてしまった事。
”ごめんなさい、ごめんなさい”と懺悔した。


みんなで家に帰る途中、あたしは異変に気づいた。

反対側にいる男がずっとこっちをみて歩いている。
それはナンパ目的の目ではなく、完全に何かを狙っている目だった。

「このまま前をみて歩いてね、反対側に男がいて狙われているかもしれない。分からないからあたしの後についてきて」

そう言って移動した。その男はずっとついてきてさらに携帯で話し始めた。
完全に狙われていて、仲間を呼んでいる!

そう思い、全速力で走ってホテルの中に入った。
もうすぐ家だが、家を知られてはまずい。
そして英語と忘れかけていイタリア語を混ぜてフロントの女の人に助けを求めた。最初は半信半疑な感じで、外をみてもらったらその男がフラフラ待っていたので信じてもらえた。他のお客さんも助けてくれて、結局タクシーを呼んでもらって家に帰った。

治安が悪いわけではないけれど、いい人ばかりではない。
ましてやアジアの女は良くも悪くも注意しなければとあたしは思っている。
この件のおかげ?で、後に姉さんの友達は車を買ってもらえることになったらしい。

次の日、あたしはもうフィレンツェに行こうと思っていた新幹線
しかしニュースを見てビックリkao05
イタリアの有名な”スト”です。こうなっては移動は出来ないので、もう一泊お世話になる事になった。



2人はベネチアへ行くので電車の中でお礼をし、別れて1人フィレンツェへ向かった。
3日目にしてやっと、大好きなフィレンツェへ辿り着いた。                                           


                                         ~続く~
スポンサーサイト

テーマ : (*´∀`*)タハ - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。