スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミケランジェロ様に会いたいです。

フランコと久々の再会チューリップ
働いているホテルで一杯ご馳走になり、荷物を置かせてもらい一人で街を歩いた。

「久しぶりだ~嬉しいな♪」

Italy and Paris2007 022   これは美術館ではありません。街に沢山にあります☆

そして偶然にも、持っているタロットの”力”がこの彫刻と全く同じで鳥肌がたった。
この繋がりは、何かの縁にちがいない。

夕方、フランコのホテルへ戻り車で家に行った。シェアハウスのみんなとも久々の再会でパスタ&ワインをご馳走になりワイワイ騒いだ。

次の日はミケランジェロDAY!
お墓がある教会に行った。お墓って言っても芸術作品ですよ!本当に素晴らしい。
偉人が沢山眠っている教会で、豪華な感じでしたBrilliant

変な話、本当に存在していたんだなぁって実感。
沢山の芸術作品を世に生み出し、今もこんなに魅了するなんて・・・完全に一人で浸っていた。

その後も、ミケランジェロ繋がりの場所へ街を歩き回り。
フランコも仕事が終わって、車でドライブに連れてってくれた。
また前回行けなかったミケランジェロ広場と教会へ。バスとか車じゃないと行けない山の上の方にあるからラッキー☆

Italy and Paris2007 059 綺麗でしょkao02


次の日の朝、喧嘩する声で起きた。

フランコと日本人の彼女だった。この人は前の時にもトニ男とあたしにヤキモチをやいて歳の割りに面倒な女の人だった。相変わらずだったようで・・・まぁ図々しくもあたしが泊まっているので、心配なのか何なのか?言い争って泣いていた。二人きりな訳でもないし、あたしなんかにヤキモチやかなくてもいいですよと言いたかったが余計こじれそうなのでやめた。

”うー、きまずい・・・”

その人は直接あたしには言って来ない。むしろ、とても親切で後からフランコに聞くと違う感じだった。
まぁ、気が弱そうな感じには見えるけど腹黒すぎて怖かった。フランコもずっと一緒にいるのに彼女じゃないとか言って、オイオイ 無言、汗 
「さすがに、そろそろ言う時期がきたのかも」
なんて、あたしがいる間にはやめてくれよと思った。

洗濯して、午前中には抜け出した。

「ちょっとローマに行ってきまーす ひよこ


                               ~ 日帰りローマへ 続く~
スポンサーサイト

テーマ : (・∀・)ららーん - ジャンル : 日記

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。